スロージューサー(低速ジューサー)

管理人もヒューロムスロージューサーの2016年最新モデル。 H-AAとH15を買いました。( ´∀`)/

 


ヒューロムスロージューサーH-AA

 

H-AAとH15を使ってみた管理人の口コミ、感想はコチラです。


ある日我が家に、スロージューサー(低速ジューサー)がやってきた! (記事更新 H28.12.30)

ヒューロムスロージューサーH-AA

健康志向の強い、うちの嫁さんがある日、ニンジンをミキサーにかけてドロドロにして飲みだしたのです。 どこで聞いたか知らないないけど、また新たな健康法を始めた模様。  わたしも気になってちょっと飲んでみたのですが、、、これがあんまり美味しくない。(^_^;)

 

どうせ飲むなら美味しい方がいいよね、、、ってネットでいろいろ探していたら、「スロージューサー」なるものを発見!!。 (当時は「低速ジューサー」って言ってましたが)

 

ふ〜ん、、、、一般のジューサーみたいに音が煩くないし、美味しくて栄養も壊れにくい。 その上、酵素は何倍にも活性化するとのこと。  

 

今までのジューサー、、ってステンレスの刃が高速回転するので音が結構煩いじゃないですか。、、、そして空気を混ぜ込んでしまうのでジュースが酸化しやすくなります。 それに何より、使った後、刃を洗うのが危険ですよね。

 

 しかしその点、スロージューサーなら食材をすり潰すように搾るので、ジューサーみたいに煩くないし、空気を混ぜ込みにくいので、酸化しにくい栄養豊富な、美味しいジュースができるんですよ。(実際に購入して、初めてスロージューサーで搾ったニンジンリンゴジュースを飲んだ時、、、すっごい美味しかったので家族みんなで感動したくらいです。( ´∀`)/)

 

またスロージューサーは、一般のジューサーでは無理だった葉物野菜もジュースにできるし、皮を剥かなくてもOK。 食材をギュッと搾るので搾汁率も高く食材が無駄にはなりません。(一般のジューサーは遠心力でジュースとカスを分けているだけ)

 

そして何より、スロージューサーはステンレスのような鋭利な刃を使用していないので、洗う時に怖くないんです。。。。( ´∀`)/

 

「スロージューサー」とか、「低速ジューサー」とか言うくらいだから、ジュースができるのが遅いのか、、と思ってたら、結構、テキパキと搾ってくれるし、、、。

 

そんな、こんなで、、ちょっと予算オーバーだったけど、嫁さんに喜んでもらおうと無理して買ったんですよぅ。。。。

 

そしたら、、、、。

 

こんなに高いものを買って!!、、とか、、、
重い!!、、、とか、、、
でかい!!、、、とか、、
ブーブー文句を言うし、、、(^_^;)

 

でも今では、、、、毎日家族みんなで、スロージューサーで搾ったコールドプレスジュースを飲んでいます!!。( ´∀`)/

 

最初は「高いなぁ〜」と思っていたスロージューサーですが、ここまで使い倒せば元はとれたし、わたし個人的なことを書けば、食べ物の嗜好が変わってきたせいか、脂っこいものを全く食べなくなりましたし、野菜の味が大好きになりました。 また永年気になっていた中性脂肪の数値が改善、、、体重も平均値に入り、全く問題なくなりました!。 、、なので、スロージューサーを買ってから5年立ちますが、今では嫁さんと、その効果についてよく話すようになりました。

 

ところでさっき、スロージューサーで搾ったジュースを飲んだばかりなのですが、この文章を書きながら、身体がポカポカして気持ちいいです。 いつもではないけれど、時々こんな感じになります。

 

スロージューサーは石臼のように搾るので、酵素が活性化するのだそうです。 その働きによるものなのでしょうか?。  ちょっと素人なので判りませんが、そういえば、スロージューサーは別名、「酵素ジューサー」とか、「石臼ジューサー」とも呼ばれているそうですよ。

 

スロージューサー(低速ジューサー) 管理人のおすすめモデル (記事更新、、、H28.12.30)

このサイトは管理人がスロージューサーを実際に使ってみた感想をもとに、「おすすめランキング」として皆様にご紹介しています。

 

最近はたくさんのメーカーがスロージューサーを発売していますが、やはり外せないのが、世界で売り上げランキング1位のヒューロムと2位のクビンスでしょう。

 

 ヒューロムはこれと言って大きな特徴はないのですが、世界で初めてスロージューサーを開発したメーカーであり、新しいモデルが出る度に確実に進化。 いろいろ細かいところが改良されて、その度に「なるほど、、」と関心してきました。 「あぁ、、、ここはこうしてほしいなぁ」、、と思ったら次のモデルで改良されてくる、、という感じで、正に、スロージューサー界の旗艦モデル、、と言った感じのメーカーです。

 

また、クビンスの「ホールスロージューサー」は、「食材を切らなくてもそのまま投入できる」という大きな特徴がありますので、最初、これを使ってニンジンを丸のまま搾った時は、そのパワーに圧倒されて、思わず、「凄い!!」と声を上げてしまいました。

 

ヒューロムとクビンスはこのように、それぞれ特徴がありますので、各自の好みでお選びいただければいいと思います。 このサイトではそれぞれの長所、短所にも触れていますので、ご購入の時の参考になさってくださいね。

 

それからスロージューサーって、結構、高価な買い物になりますよね。 なので、どこのショップで購入するか、、というのも結構大切になってきます。 

 

単純に値段だけを見ますと、ア○ゾン楽○などで格安で販売しているショップなどもありますが、後々の事を考えると、ただ売りっぱなしではなくて、きちんとしたアフターを行っているショップを選ぶ方が安心です。 

 

その点、ヒューロムを扱っている「ピカイチ野菜くん」日本で唯一、スロージューサーを社内で修理をできる体制を整えていますし、部品も購入できます。また、特典も充実しています。 

 

クビンスを扱っている「キレイshop」スロージューサー分野で最長の無償修理保証10年を謳っています。 

 

購入時にはそれぞれ特典も多いので、管理人はこれらのショップをおすすめしています。

 

※ご注意 このサイトは個人で運営しているアフィリエイトサイトになりますので、「特定商取引法に基づく表示」は記載していません。  このサイトの内容は個人的な知識と感想によるものです。 この内容によっていかなる損害を被った場合でも一切責任を負えませんのでご了承ください。 質問などありましたら、ご紹介しているショップの方へ直接お問い合わせください。 ご購入される時は、今一度、ショップの方で内容のご確認をお願い致します。

 

それではお待たせしました。 管理人がおすすめするスロージューサーの数々です!!。

 

ついに登場!! 世界で一番売れているヒューロムの2016年最新モデル

ヒューロムスロージューサー H-AA NEW!!
大人気モデルの、あのH2Hが更に進化しました!。

 

↓なんと最新モデルのH-AAが、野菜セットも、乾燥スタンドもついて、キャンペーンセール、やってます!!(3月31日、23:59まで)

 

H2Hに比べて、、、、、

モーターの性能アップにより、よりスマートに、より静かに、、
ジュースの出口キャップを改良、、、、、
より低速回転で、上質なジュースを、、
ドラムの強度がアップ、と洗いやすさを追求、、、
食材がスムーズに入るスクリューと、食材投入口を透明に、、
フローズンストレーナーもついて、シャーベットなど冷たいデザートも、、

実際に使用している管理人の口コミはコチラをクリック、、、


 

ヒューロムスロージューサーH-AA買うならピカイチ野菜くん!!

他に安く売りっぱなしのショップもありますが、アフターサービスや特典など、安心感のあるピカイチ野菜くんで買うのがおすすめです。

 

スロージューサーの販売台数日本一!。  日本で唯一、社内でメンテナンスができる体制!。 無農薬野菜セット、乾燥スタンド(本店限定、、特典は変わることがあります)などの特典充実!。 送料無料!。 5年間の無償修理保証!。 完全返品制度!(本店限定)。 選べる決済方法!(後払い、銀行振り込み、代金引換、クレジット、分割、リボ払いOK)
※場合によって変わることもあるので、ショップのHPでご確認ください。



 

管理人のワンポイントアドバイス

ヒューロムスロージューサーH-AAと、クビンスホールスロージューサー、、、どちらがおすすめ?

 

クビンスホールスロージューサーは大きな投入口が魅力ですが、全体的な使い心地と購入するショップを考えると、管理人は迷うことなく、ヒューロムスロージューサーH-AAの方をお薦めします。  

 

この2つはそれぞれに特徴があって、ヒューロムスロージューサーH-AAはクビンスホールスロージューサーよりも軽くてスリム。 音も静かです。 クビンスホールスロージューサーは投入口が大きく食材を切る手間が省けるというのが売りです。

 

ただし、大きなままの食材を砕くために、パワーのあるモーターを使用しているので、ヒューロムよりも音が大きく、若干の振動があります。 また、パワーがあるために蓋がギュッときつく閉まってしまって、開けにくくなることがあります。  モーターが大きい分、ヒューロムより大きくて重量があります。  重量があるのに、「持ち手」もついていません。

 

我が家ではよくニンジンリンゴジュースを飲みますが、確かにニンジンを切らないで投入できるのは魅力です。 しかしリンゴの大きさとなると、やっぱり切らないと投入口に入りません。 、、というのは、投入口の直径が7.3cmなのですが、直径7.3cm以下の小さなリンゴって管理人の近くのスーパーには売っていないので、結局、切る作業が必要になります。

 

それから、クビンスホールスロージューサー、、って部品も結構大きいので、洗った後の乾燥場所で困りました。  と、いうのは、特にドラムキャップなんか、投入口がまるで煙突のように大きくて迫力があります。 こういうのがキッチンの洗い物かごに積み上げられると、必ず嫁さんから苦情を言われてしまいます。

 

これらの理由で、最近我が家では、ヒューロムスロージューサーH-AAを使用することが多くなっています。  使用した後も、ピカイチ野菜くんが特典でつけてくれた乾燥スタンドを使うので、キッチンもスッキリするし、乾燥スタンドのおかげで、部品にカビが生えなくなって大助かりです。(以前はスタンドが無かったので特にゴム部品にカビが生えてしまっていました)  (ご注意、、特典は変わることがあります。) 

 

下の写真 ヒューロムスロージューサーH-AAが、ピカイチ野菜くんの乾燥スタンドでスッキリ(左)   右はごちゃごちゃ。(^_^;)
ピカイチ野菜くん乾燥スタンド

 

また、搾ったジュースや絞りかすを入れるカップ(容器)なんかも、ヒューロムのHHの時から使いやすく、収納しやすいデザインになったのも管理人としては評価が高いです。

 

下の写真 左がヒューロム、右がクビンスのジュースカップと搾りカスのカップです。 ヒューロムの方は搾りカスのカップにジュースカップが綺麗に収まって、更にジュースカップは蓋がついています。 これならジュースが余っても衛生的に保存できますし、カップの収納もしやすいですね。 その上、見やすい目盛りまでついています。

 

しかし、右のクビンスの方はカップを重ねても綺麗に収められないので、収納時に場所をとります
ピカイチ野菜くん乾燥スタンド

 

以上のような使い心地、、、で管理人はヒューロムスロージューサーH-AAをおすすめしています。  ニンジンを切るのももう慣れてしまっているので、それほど苦にもなりませんし。 

 

また、ヒューロムの正規代理店のピカイチ野菜くんでは、社内で修理ができる体制が整っていますし、部品も販売しているので安心です。 また実際にピカイチ野菜くんでヒューロムスロージューサーを買って良かった、、という口コミが多いですし、わたしも5年間、ピカイチ野菜くんとおつきあいしていますが、キャンセル率が極端に少なく、安心しておすすめできるショップです。

 

スロージューサーの栄養について(ヒューロムのサイトから引用)
新鮮な栄養 従来型ジューサー17%に対して、68% 約4倍。 ビタミンCは従来型ジューサーが3.0mg/100gに対して17.0mg/100g 約6倍。

 

長文お読みくださいまして、まことにありがとうございました。



 

 

とにかく手間をかけずにガンガンジュースを搾りたい人向けの、、

クビンスホールスロージューサーに2017年最新モデルが新登場!!
特許の大きな投入口が特徴。 食材を切らずに投入できて手間要らず!。

 

↓動画を公開中!!

 

他のスロージューサーに比べて、、、、、

とにかく、投入口が大きいので、食材を切らずに投入!。 食材を切る手間が省けます。

 

管理人が購入した2015年モデルにに比べて最新の2017年モデルは、、、、、

従来はホワイトカラーのみでしたが、シルバーとレッドも加わり、色の選択肢が3色に増えました。
スクリュー、ドラムにさらに工夫を加え搾汁量が5%増量しました。
搾かすがドラム内に溜まることによる ”詰まり” が解消されました。
従来は別売りのフローズンストレーナーが標準付属品となりました。
人気の野菜料理研究家 庄司いずみ先生のファイーバーレシピブックをもれなくプレゼント。(キレイshopだけのオリジナル特典です)

 

2017年の最新モデルを通販で買った時の様子はコチラをクリック

 

2017年最新モデルと2015年モデルの比較はコチラをクリック

 

実際に使用している管理人の口コミ(2015年モデル)はコチラをクリック、、、

 

ヒューロムスロージューサーH2Hとの比較ページはコチラをクリック(2015年モデル)


 

クビンスホールスロージューサー買うならキレイshop!!

他に安く売りっぱなしのショップもありますが、保証期間の長さや特典を考えるとキレイshopで買うのがおすすめです。

 

なんと、スロージューサー分野で最長の無償修理保証10年!。  後払いOK!。 果物セットの特典!。 送料無料!。代引き手数料無料!

 

キレイshopからスロージューサーが届いた時の様子はコチラをクリック



 

管理人のワンポイントアドバイス

投入口が大きいのは魅力ですが、マイナスポイントは何かありますか?(追記H28.12.4 以下は管理人が使用している2015年モデルの口コミです)

まず、食材をまるまる投入できるということは、それだけモーターが大きくてパワーがあるということです。 と、いうことは、ヒューロムと比べると音が結構大きく、重いです。

 

本体の音が大きい上に、ニンジンなど硬い食材を投入すると、中で砕ける音がするので、更に音は大きくなります。  ただし、ずっと使っていればそれほど気にはならなくなりました。 一般的なジューサーの方がもっと音が大きいです。

 

モーターが大きくてパワーがあるのでので本体に少々振動があります。 また、蓋がギュッと硬く閉まってしまい、開けにくくなることがあります。 これらについては解決策を書いていますので、コチラも参考にしてください。

 

投入口が煙突みたいに大きいので、実際に見てみると、ヒューロムスロージューサーよりも結構、迫力があります。(まぁ、これもそのうち慣れます)

 

それから、キレイsyopのページの動画を見ると、リンゴもそのまま投入できる場面が出てきますが、直径7.3cm以下のリンゴしか入りません。 管理人の近くのスーパーではこういうリンゴは売ってないので、結局切る作業は必要でした。

 

食材を丸ごと投入すると、スロージューサーに極端な負荷がかかって故障しないかと心配になりますが、実際に使ってみた感じでは無理な使い方をしなければ大丈夫だと感じました。 おすすめのキレイshopの保証期間がなんと10年という長期間なので、その点、何かあっても安心して使えると思います。  搾汁率については管理人がテストした結果、ヒューロムH-AAも、H2Hも、クビンスホールスロージューサーも、全部ほぼ同じという結果が出ています。

 

長文お読みくださいまして、まことにありがとうございました。



 

 

ヒューロムのコンパクトモデルが新登場!! なんと性能はそのままで、お値打ち価格!!。

ヒューロムスロージューサー H15 2016年最新モデル  NEW!!
スロージューサー欲しいけど、お値段が、、、でも大丈夫!!。

 

↓動画を公開中!!

 

ヒューロムの従来のモデルに比べて、、、、、

大きさ、重さがよりコンパクトに
性能はほとんど同じなのに、お値段がお得
豆腐用型やジュースカップなんかいらないからその分お安く、、
でも、ニンジンなどの特典はしっかり貰いたい(^_^;)
丸みを帯びた、カワイイデザイン

 

ヒューロムスロージューサーH15買うならピカイチ野菜くん!!

他に安く売りっぱなしのショップもありますが、アフターサービスや特典など、安心感のあるピカイチ野菜くんで買うのがおすすめです。

 

スロージューサーの販売台数日本一!。  日本で唯一、社内でメンテナンスができる体制!。 無農薬野菜セット、送料無料!。 5年間の無償修理保証!。 完全返品制度!(本店限定)。クレジットカード、分割、リボ払いOK!

 

ピカイチ野菜くんで買った時の様子はコチラをクリック

 




 

管理人のワンポイントアドバイス

ヒューロムスロージューサーH-AAと比べてみてどうですか?
コンパクトさが売りのH15なので、一人分のジュースしか搾れない、、、と思いきや、ドラムの容量ギリギリで2人分のジュース(500CC)を楽しむことができます。(それ以上の量が欲しければ、一旦、コップに注いでから搾ればOKです)  

 

また、性能的にもH-AAの前モデルのH2Hとほぼ同じなのに、1万円以上も値段がお得なので、「スロージューサー欲しいけど、値段的に躊躇していた方たち」にお薦めのモデルです。  

 

なぜ、値段が安くできたかと言うと、理由の一つに、従来のモデルに付属されている、「搾りカスのカップ、ジュースカップ」や、「豆腐用の型」がH15にはついてない事があげられます。 考えてみれば、カップ類は手持ちのコップや容器などを利用すれば済む話ですし、「スロージューサーで豆腐を手作りしよう、、、」なんて人はあんまりいないと思います。(^_^;)

 

ただ、H-AAにはついている「フローズンストレーナー」や「スムージーストレーナー」がないので、冷たいデザートなどはできませんが、、。

 

逆にH-AAと比べて良い点を上げれば、ドラム内の構造に歯車を使用していないH2Hの方式が取り入れられているので、歯車が無い分、シンプルでお掃除がしやすくなっています。

 

形も丸っこくて可愛いデザインなので、これからどんどん人気が出てくるモデルだと思います。

 

ただし、音の大きさは、H-AAの方が静かで気品があります。 ジュースの出口キャップも前モデルのH2Hと同じで、ちょっと緩めなので注意が必要です。
詳しくはコチラをお読みください⇒ヒューロムスロージューサーの口コミ

 

長文お読みくださいまして、まことにありがとうございました。



 

 

かなり高価だけど、搾汁率が抜群の高級品 コストパフォーマンスが最高!!

エンジェルジューサー
実際のショップでも使用されているプロ御用達!。

 

↓動画を公開中!!

 

他のスロージューサーに比べて、、、、、

とにかく、ツインギアなので搾汁率がずば抜けて高い
オールステンレスで手作りの高級品。 優れた耐久性と美しさ
オールステンレスだから、食洗機でも洗える。
ピカイチ野菜くんで販売しているスロージューサーの中で、レビューの満足度が一番高い。
長い目で見ればジュース1杯にかかるコストが安くなるので、コストパフォーマンスが高い。
クレジット決済の分割手数料が0で買いやすくなった

 

エンジェルジューサー買うならピカイチ野菜くんがおすすめ!!

他に安く売りっぱなしのショップもありますが、アフターサービスや特典など、安心感のあるピカイチ野菜くんで買うのがおすすめです。

 

スロージューサーの販売台数日本一!。  日本で唯一、社内でメンテナンスができる体制!。 無農薬野菜セットなどの特典充実!。 送料無料!。 5年間の無償修理保証!(クレジット決済は省く)。)



 

管理人のワンポイントアドバイス

管理人はエンジェルジューサーは買いましたか?

まだ買っていないので使ったことはありません。 正直、今、一番使ってみたいのがこのエンジェルジューサーです。  

 

他のスロージューサーよりも搾汁率がずば抜けて高いので、それだけニンジンを節約できます。 なので長い目で見れば他のスロージューサーよりもかなりお得なのだとか、、、。 最初の手出しの金額を考えると敷居が結構高いので、おすすめランキングとしては3位にしていますが、お金に余裕がある人はぜひとも選んでほしいジューサーです。

 

ピカイチ野菜くんによると、ゲルソン療法で毎日ニンジンジュースを飲む人にとっては、11カ月でエンジェルジューサーを買えちゃうぐらいの節約になるんだそうですよ。 実際、エンジェルジューサーで搾ったカスはかなりパサパサで、これ以上、搾りきれない感じなのだそうです。 口コミにも書いてありましたが、「素材を余すことなく使い切るという充実感を味わえる」のだそうです。

 

番組名は忘れましたが、最近このエンジェルジューサーを使用しているジューススタンドがテレビで紹介されていたるを見ました。その時は注文を受けてから、店内のハーブを摘み取り、エンジェルジューサーで搾っていましたが、ほんの少しの量のハーブで、ジュースが出てきたのには驚きました。 (本格的に大量にジュースを搾るなら、業務用スロージューサーが必要になります)

 

わたしがいつも使っているヒューロムや、クビンスではなかなかこうはいきません。 葉物野菜を搾る時はどうしても葉の水分が少ないので、どんどん入れて、ドラムの中に少し溜まったジュースが溢れてきて、やっとこぼれたジュースが外に少し出てくるという感じです。 ヒューロムやクビンスで葉物ジュースを搾ろうとすると、結構、大量に入れないと十分な量のジュースが出てこないので、わが家では葉物単体というよりも、葉物と果物を一緒に搾ることが多いですね。

 

しかし、これだけ凄いエンジェルジューサーですが、やはり難点もあるんです。 それは食材の投入口が小さいので、ニンジンを細く切ったり。 また食材を入れるたびに押し棒が大抵必要になりますし、少しずつ搾るので時間もかかります。
こういいったジュースを搾る作業に関してはヒューロムやクビンスなどの縦型スロージューサーが便利ですね。 ある程度の大きさのニンジンでもどんどん搾れますし、ニンジンなら大抵は押し棒を使う必要はないし、、。

 

、、ということで、搾汁率はエンジェルジューサーほどではないけれど、どんどん搾れてお手頃価格のヒューロムやクビンスを選ぶか、、、または、搾る手間はかかるし、高価だけど、搾汁率抜群のエンジェルジューサーを選ぶか、、、、。 これは結構迷う人も多いのではないかと思います。

 

しかし、毎日地道にニンジンジュースを末永く飲み続けると決心した人は迷わずエンジェルジューサーを選ぶべきです。

 

長文お読みくださいまして、まことにありがとうございました。



 

 

最新モデルの登場で、あのH2Hがかなりお買い得になりました!!

ヒューロムスロージューサー H2H

 

※完売しました。(H28.11.9現在)

 

以前のモデルに比べて、、、、、

部品や構造自体を見直し、作動音が静かに。搾汁率がアップしました。
スクリューが2枚羽になって搾汁効率アップしました。
スクリューとストレーナーの改良によって、葉物の搾汁率も上がりました。
レバー機能で搾汁が便利になりました。
取っ手がついて持ち運びが便利になりました。
部品の簡素化でお手入れしやすくなりました。
フルーツストレーナーもついて、スムージーにも、、

実際に使用している管理人の口コミはコチラをクリック、、、

 

クビンスホールスロージューサーとの比較記事はコチラをクリック、、


 

ヒューロムスロージューサーH2H買うならピカイチ野菜くん!!

他に安く売りっぱなしのショップもありますが、アフターサービスや特典など、安心感のあるピカイチ野菜くんで買うのがおすすめです。

 

スロージューサーの販売台数日本一!。  日本で唯一、社内でメンテナンスができる体制!。 送料無料!。税込価格!。 5年間の無償修理保証!。

 

ヒューロムスロージューサー H2Hの詳細はここをクリック

 


 

管理人のワンポイントアドバイス

ヒューロムの2016年最新モデルのH-AAと比べてどうですか?

最新モデルのH-AAと比べたら少し本体が大きくて重いですが、(ただし、高さはH-AAの方が高い)H2Hを単体で使う分には全く気になりません。搾汁率についても、管理人が実験したところによると、ほとんど一緒です。

 

またについても、H-AAよりは大きいですが、クビンスホールスロージューサーと比較するとH2Hの方がだんぜん静かです。

 

更に、管理人が最新モデルのH-AAよりもH2Hの方が気に入っている点は、まず本体の背面に取っ手がついていること。 H2Hは持ち運ぶ時に片手だけでできましたが、H-AAではその取っ手が無くなってしまいました。 また、ドラム内部の構造がシンプルになって、歯車が無くなり、お手入れしやすくなったのも良かった点です。 H-AAではこの歯車が復活しました。

ヒューロムの2016年最新機種のH-AAと、H2Hの比較記事はコチラをクリック

 


 

 

 

業務用スロージューサー (記事更新、、H28.8.22)

大量にコールドプレスジュースを搾るための、業務用スロージューサーです。
最近は街のあちこちにコールドプレスジュースのスタンドが増えてきて、結構、人気ですね。

 

クビンスホールスロージューサープロ 登場!! (H28.8.22更新)
投入口が更に大きく!!


 

2016年のヒューロム最新モデルです!!。 

 

 

エンジェルジューサーの業務用です。

 

なぜ今、スロージューサーなのか?

 

わたしが衝動的に「これだ!」と思って買った、「スロージューサー」、、当時は「低速ジューサー」と言いましたが、、、、。
あれから5年たちました。

 

日本で最初に一部の芸能人が使い始めて注目された、このスロージューサーですが、「もしかして一時的な流行に終わる」、、という世間の冷たい眼差し?、、にもめげず、、相変わらず売れ続けているスロージューサー、、、、。なんと今では、売れているジューサーの8割近くが、この「低速タイプ」の「スロージューサー」なのだそうです!!。

 

また最近では、「コールドプレスジュース」というのが世間では流行っていますが、この「コールドプレスジュース」を作っているのが、この、「低速タイプのスロージューサー」!!。 そして、このサイトでご紹介しているのが、一般家庭でも使えるお手頃価格のスロージューサーであります。 (もちろん業務用は、もっと高価でとても買えない(^_^;))

 

そんな「売れる商品」には他のメーカーも黙ってはいません。 現にシャープやパナソニックなど、日本のメーカーも参入してきて、独自の商品を展開するようになってきました。 (ただし日本のメーカーでも、実際の製造しているのは韓国や中国です。 シャープは韓国、パナソニックとテスコムは中国)  しかし 元々、ジューサーという商品は昔から日本にもありましたが、キッチン家電の中ではあんまり普及しているとはいえない、、、そんな商品だったのですね。

 

それがなんと、「スロージューサー」が販売されるようになってから、日本でも順調に売り上げを伸ばしてきているのです。  これはなぜなんでしょう。。。。?

 

いくつか理由はありますが、それは、、、、、
1、サプリなどの化学物質ではなく、自然の野菜や果物から栄養をたくさん摂ることが、より健康に繋がる、、ということが世界的な常識になってきている。
※ヒューロムのアナウンスによれば、一日に必要な緑黄色野菜400gをジュースにすると、なんとコップ一杯で飲むことができるそうです!!。
詳しくは、⇒コチラを参照

 

2、その栄養を摂るために、一番効率が良いのが「生のジュース(コールドプレスジュース)」であること。
※ヒューロムによると、そのままで食べるよりも、ジュースにした方が、栄養の吸収率が約4倍にもなるそうです!!
詳しくは、⇒コチラを参照

 

3、そのためには、低速タイプのスロージューサーが一番適している。
※低速回転は空気を混ぜ込まないので酸化しにくいフレッシュなジュース。 一般のジューサーよりも高い搾汁率

 

、、、ということだと思います。

 

※参考  なぜ、搾りたての「生ジュース(コールドプレスジュース)が良いのか、、、。
スロージューサーの酵素の比較実験を行ってみました。⇒
コチラをクリック

 

 

健康のために、野菜や果物から栄養を摂るように奨励している、各国や世界的な機関

 

日本の厚生省
1日の野菜・果物の摂取目安量は野菜が350g、果物が200g

 

世界保健機構(WHO)
1日の野菜・果物の摂取目安量は400g

 

米国癌協会(ACS)
がん予防のために、2.5カップ以上の野菜・果物を毎日摂取すること。

 

米国国立がんセンター(NCI)
野菜・果物を十分に食べて、バランスの良い食事を。

 

米国心臓協会(AHA)
野菜・果物を1日に少なくとも4.5カップ以上摂取すること。

 

韓国栄養学会
1日の摂取推奨量 野菜7皿、果物3皿

 

 

管理人のスロージューサー履歴

わたしがこのサイトの冒頭で書きましたが、スロージューサーとの出会いがあってから、去年の8月で5年経過しました。(H29.1.4現在)
元々は機械的なものが好きな性格なので、今までのジューサーとは全く違うスロージューサーの動きに興味をもち、新しい機種が出るたびに購入し、、、あ、、ここが変わってる、、とか、ここが進化した、、とか思ってるうちに、気がついたら7台(H29.1.4現在)も買っていました。(^_^;)

 

毎年1台買ってきたことになるんですね、、、、、。 う〜〜ん。
初めは呆れていた嫁さんも、それがジュースを作る励みになれば、、、と、今では応援?してくれていますし(諦めている?)、これからも頑張っていこうかと思います。( ´∀`)/
嫁さん曰く、、、「これだけスロージューサーがあるんだから、(嫁に行った)娘に一つくらいあげなさいよ!、、、、」
、、って言うんですが、、、、、嫌です。笑

 

ヒューロムスロージューサーHU-300   
ピカイチ野菜くんより購入(2011.8.18)

 

ヒューロムスロージューサーHI     
ピカイチ野菜くんより購入(2013.5.19)

 

クビンスホールスロージューサー      
キレイShopより購入   (2015.4.3)

 

ヒューロムスロージューサーH2H    
 ピカイチ野菜くんより購入(2015.7.29)

 

ヒューロムスロージューサーH-AA   
 ピカイチ野菜くんより購入(2016.4.17)

 

ヒューロムスロージューサーH15   
 ピカイチ野菜くんより購入(2016.8.5)

 

クビンスホールスロージューサー 2017年モデル   
 キレイShopより購入(2016.12.25)

 

長文お読みくださいまして、まことにありがとうございました。