スロージューサー

↓なんと最新モデルのH-AAが、野菜セットも、乾燥スタンドもついて、キャンペーンセール、やってます!!(6月30日、11:59まで)

 

 

スロージューサーは使う度に、さっと水で洗い流せば大抵の汚れは落ちるのですが、でもやっぱり少しずつ内部が汚れてくるんですね。
特にゴム製の部品の黒かび?、、の汚れがなかなか落ちない、、。
そこで今回はゴム製の部品を新しいものと交換し、大掃除をすることにしました。

 

↓今回購入したのはこれ。  ヒューロムスロージューサーの部品。 
左から、「搾汁シリコンパッキン 150円」、「ドラム用シリコンパッキン 124円」、「シリコンドクター2枚 252円」(税別、送料別)
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

まず、ドラムをひっくり返してドライバーで分解していきます。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

分解しました、、、。
歯車やネジなど、小さな部品もあるので、紛失しなよう気をつけましょう。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

自動洗浄ホルダーから、シリコンドクターも外します。
わ〜〜〜、、汚い!(^_^;)
いつもは外して洗わないので、接合部がこんなに汚れているなんて、気になりませんでした、、、。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

部品を全部分解してから、キッチンハイターでつけ置き洗いをします。
必要な量は、水15リットルに対してキッチンハイターをキャップ9杯。
とりあえず、4時間つけてみて、様子を見ます。
後は洗剤で洗って乾燥するだけ、、、、。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

、、と、いうわけで、、、、洗い終わりました、、、( ´∀`)/

 

では、早速、洗う前と後とを比較してみましょう、、、、。
まずはドラムキャップ、、。
簡単に言えば、スロージューサーの蓋ですね、、、。
写真はドラムキャップをひっくり返したところ、、。
外から見たら、結構綺麗なんですが、内部は、食材が擦れる部分なんで、結構汚れていました。
それがこんなに綺麗に、、、。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

次はドラムです。
この部分はほととんで透明なんですが、汚れで曇りガラスみたいになっていました。
低速ジューサーのいいところは、中のホルダーがクルクル回って、ジュースを搾っている様子が見えるところですね。
綺麗な透明に戻れば、また気持ち良く使うことができます。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

自動洗浄ホルダーとシリコンドクター。
スロージューサーの中で回っているのはこの部品です。
ドラムの内側にかかったジュースを、シリコンドクターがすきとる、、、車のワイパーみたいな働きをします。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

ジュースストレーナーの底の部分の汚れです。
なかなか取れない頑固な汚れでした。
完全に落ちていないけど、普通に使う分には問題ありません。
(汚れが酷くなると、搾汁率に影響があるそうです。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

スクリューの底の部分の汚れ、、。
この汚れもかなり頑固です、、、。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

ジュース受け容器です。
どのくらい曇っているのか判りやすいように、キューピーさんに入ってもらいましたww
その汚れもすっきり綺麗に落ちて気持ちいいです。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

スロージューサーを再び組み立てました。
透明部品はしっかり透明に戻って、また気持ち良く使えます。
ヒューロムスロージューサーHU-300

 

最新モデルのおすすめスロージューサー

更に進化したヒューロムスロージューサー H-AA

世界で一番売れているヒューロムの2016年最新モデルです 
今なら乾燥スタンドをプレゼント(プレゼントは変更になることがあります。 H29.2.6現在)

 

↓なんと最新モデルのH-AAが、野菜セットも、乾燥スタンドもついて、キャンペーンセール、やってます!!(6月30日、11:59まで)

 

コンパクト、可愛いデザインで格安価格のH15  H2Hとほぼ同等の性能

世界で一番売れているヒューロムの2016年最新モデルです 

 

食材丸ごと投入可能の、クビンスホールスロージューサー

2015年最新モデルです。

関連ページ

スロージューサー(低速ジューサー)普段のお手入れ
毎日使うスロージューサー。 お手入れはどうしたらいいの?、、って疑問に答える口コミです。  自動洗浄についてもご紹介しています。