コールドプレスジュース

↓なんと最新モデルのH-AAが、ジュースセットも、乾燥スタンドもついて、キャンペーンセール、やってます!!(8月31日、11:59まで)

 

ブルーベリー・梨・ぶどうのジュースレシピ

 

ヒューロム2016最新モデルのH-AAのレシピを見て作ってみました。

 

効果・効能
ブルーベリーはアメリカのタイム誌に、「10大スーパーフード」として選ばれました。
ブルーベリーにはアントシアニンが含まれており、抗酸化力が高く、活性酸素を抑制し、老化防止や視力回復にも効果があります。
また、繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエットにも効果的と言われています。
梨の有機酸は疲労回復を、、、ブドウのレスベラトロールはアンチエイジングに効果があると言われています。

 

食材を用意しました。 紫色の食材なので、アントシアニン、レスベラトロールが多く含まれています。 今回はぶどう、ブルーベリーですが、他にはイチジク、紫キャベツ、ナス、紫イモなども使うことができます。
H-AAコールドプレスジュース

 

我が家では葉物野菜(緑)や、ニンジン(オレンジ)ジュースをよく飲むので、今回の紫のジュースはとても新鮮でした。 いろんな色のジュースを飲むことが多くの種類の栄養を摂ることに繋がりますね。 その辺を意識して、これからもジュース生活を続けて行こうと思います。
H-AAコールドプレスジュース

 

今回は特に嫁さんがドライアイで目が疲れていたので、とても好評でした。
H-AAコールドプレスジュース

 

 

パイナップル・きゅうりのジュースレシピ

 

ヒューロム2016最新モデルのH-AAのレシピを見て作ってみました。

 

効果・効能
パイナップルには消化酵素(タンパク質分解酵素)である、プロメラインが含まれており、消化を促進し、気管支炎などの炎症や、アレルギー予防に効果があります。 またクエン酸は疲労回復の効果があります。
また、きゅうりは、カリウムが豊富でむくみの解消に効果があり、夏の暑い季節の熱中症予防にも良いとされています。

 

材料を用意しました。 パイナップルなどは時々ジュースに利用しますが、きゅうりのジュースなど今まで思いつきもしませんでした。
それもパイナップルと一緒に搾汁するなんて、、、、。 一体、どんな味がするんでしょう。。。。
H-AAコールドプレスジュース

 

きゅうりも、パイナップルも水分が多いので、ジュースにするにはもってこいですね。 色も薄い緑色でとても綺麗です。
H-AAコールドプレスジュース

 

恐る恐る飲んでみると、、、結構美味しいです。( ´∀`)/  これはやはりパイナップルのおかげですね、 きゅうりだけだとちょっときついかも。  暑くて食欲のない時でも、これなら美味しく飲めそうです。
H-AAコールドプレスジュース

 

パイナップルの消化酵素の働きの実験をしてみました。  体が弱った時に消化を助けてくれるパイナップル、、、有難いですね。

 

 

キャベツ・トマト・リンゴのジュースレシピ

 

ヒューロム2016最新モデルのH-AAのレシピを見て作ってみました。

 

効果・効能
キャベツは胃腸の粘膜を保護し、抗潰瘍ビタミンと称されるビタミンUが豊富に含まれています。
止血作用のあるビタミンKも同時に含有しているため、胃壁の粘膜を強くして、傷ついた胃壁にも効果的に働きます。
キャベツには免疫力を高める効果があり、抗酸化作用のある成分や食物繊維も富んでおり、胃腸の健康維持に欠かすことはできません。
またトマトにも抗酸化作用の強いリコピン。 またリンゴには消化促進や疲労回復に効果がある、ペクチン有機酸などが含まれています。

 

材料を用意しました。 管理人はリンゴもトマトもそれぞれジュースにして結構飲んでいますが、リンゴとトマトを一緒に搾るなんて初めての経験です。 、、果たしてどんな味になるのでしょう?(^_^;)。 それにキャベツも加えるなんて、、、、。
H-AAレシピ

 

↓材料がちょっと多かったみたいです。 中のジュースがドラムの容量を超えてしまったので、一旦、ジュースカップに排出しました。
H-AAレシピ
せっかくなので、ここでちょっと注意事項です。 ヒューロムのスロージューサーはドラムとドラムキャップの接続部分に若干のクリアランス(隙間)を設けています。(上の写真の青い矢印の部分)
と、いうのは、例えば硬い食材を搾汁した時に中のスクリューが持ち上がり、ドラムキャップを中から押し上げてしまう。 その結果、ドラムキャップがギュッと硬く閉まってしまい、開けにくくなることがあるのです。
これは縦型のスロージューサー全般の宿命みたいなもので、ある意味仕方ないのですが、ヒューロムではわざと若干のクリアランス(隙間)を設けて、軽い力でもドラムキャップを開けられるように設計しています。
なので、ジュースがドラムの容量を超えてしまうと、その接続部分からジュースがこぼれてしまいますので、その時はジュースカップに一旦注ぐなどして対処してくださいね。

 

↓さて、、、問題の味ですが、、、。 決して、「美味しい!!」とは言えませんが、わが家では許容範囲の味です。 こうやって混ぜていても、トマトとリンゴ、、それからキャベツのそれぞれの味をはっきりと感じることができます。
キャベツを入れると、ちょっと生薬っぽい味がして、いかにも身体に良さそうな感じがします。
H-AAレシピ

 

 

キウイ・ほうれん草・リンゴのジュースレシピ

 

ヒューロム2016最新モデルのH-AAのレシピを見て作ってみました。

 

効果・効能
キウイは美肌、ダイエットに良いとされるフルーツです。
キウイに含まれる食物繊維は糖やコレステロールの吸収を遅らせ、糖尿病や高脂血症の予防になります。
また葉酸が豊富に含まれるので、貧血予防になります。

 

また、ほうれん草も鉄分が多いので貧血予防。 リンゴの有機酸は疲労回復の効果があります。

 

まず、材料を用意します。 H-AAのレシピには「キウイは皮を取り除いて、、」と書いてありますが、皮はわざわざ剥かなくてもカスとして自動的に排出されますので大丈夫です。
H-AAレシピ

 

リンゴを半分搾汁し、ほうれん草とキウイを交互に搾汁。 最後に残りのリンゴを入れた後、レバーを半開と閉、交互に動かすとカスが出やすくなります。
H-AAレシピ

 

栄養タップリのほうれん草。 リンゴとキウイを一緒に搾汁すれば、子どもでも美味しく飲めますよ。( ´∀`)/
H-AAレシピ

 

 

 

ナス、ブドウ、リンゴのジュースレシピ

 

低速ジューサーのレシピ集で紹介されたデトックスレシピ
ナスには、身体の毒素を吸着して排出する効能があります。

 

その他には、、
老化防止、糖尿病予防、、。

 

ナスをジュースにするなんて、なかなか思いつきませんが、クセがない野菜なので、フルーツをいろいろ組み合わせて美味しいジュースを作ってくださいね。

 

ナスの選び方、、
紫色が濃くて艶があること。
へたの大きさに比べて実が小さいものは十分熟していないので避けましょう。

 

ナスの成分の効果、、
ナスニンは色素のアントシアニンの一種で、抗酸化作用があり、、コレステロールを下げ、動脈硬化の予防を助けてくれます。
スロージューサーレシピ

 

ジュースの色があまり綺麗とは言えませんが、見た目よりも味と栄養が大切です。( ´∀`)/ 結構美味しいので、子供たちにもおすすめですよ。
スロージューサーレシピ

 

 

リンゴ、パプリカ、カボスのジュースレシピ

 

不要な塩分排出ですっきりレシピです。( ´∀`)/

 

日本人はとかく食事が塩分過多だそうです。 家庭で塩分を少なく調理しても、効果は薄いとのこと、、。

 

なぜでしょう??。

 

それは買ってきた加工食品の段階で、もうすでに塩分が含まれているからなのです、、、ってNHKで言ってました。 なので、普段からこういうジュースを積極的に飲みましょうね。。

 

その他、期待できる効果、、。
悪玉コレステロール減少、美肌効果、老化やがんの予防などです。

 

パプリカはピーマンよりも、カロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富で甘味がありますし、リンゴを一緒に搾ることによって誰でも美味しく飲めますよ。 パプリカが苦手な人はリンゴの量を増やしてみてくださいね。
今回は地元農家のカボスも一緒に搾ってみました。 爽やかな風味が心も身体もリラックスさせてくれます。
スロージューサーレシピ

 

今までのジューサーは刃が食材を切り刻み、濾してジュースにしていましたが、低速ジューサーは、圧縮して搾ることによってジュースにしています。 これによって、酵素が活性化し、栄養も豊富に摂ることができるのです。( ´∀`)/
スロージューサーレシピ

 

トマト、バナナジュースのレシピ

 

低速ジューサー定番の、「トマト、バナナ」ジュースを作ってみました。

 

トマトの効果、効能、、、
トマトと言えばリコピン。 カロテノイドのひとつで特に抗酸化作用が特に強いことで注目されています。
生活習慣病の予防、老化防止効果、脂肪燃焼効果、美肌効果、などなど、とても素晴らしい野菜なのです。

 

用意したもの、、
トマト(適量)
バナナ(適量) 

 

トマトジュースが苦手な方でも、いろんなフルーツを混ぜることによって美味しく飲めるのでぜひ、お試しを、、、。
スロージューサーレシピ

 

低速ジューサーは一般のジューサーよりも低速で、刃もついていません。
石臼のように、ゆっくり、優しくジュースを搾るって感じです。
ミキサーのように空気を混ぜ込むことがあまりないので、酸化しにくいジュースができます。
スロージューサーレシピ

 

バナナのようなネットリ系の食材でも、新しい低速ジューサーは内部にジュースを溜めて攪拌できるので、ネクターのような感じのジュースになります
スロージューサーレシピ

 

ニンジン、リンゴジュースのレシピ

 

低速ジューサー定番の、「ニンジン、リンゴ」ジュースの作り方です。

 

効果、効能、、、
活性酸素を抑える。免疫力アップ

 

用意したもの、、
ニンジン 中 3本 (350g) 
リンゴ  中 1/2個 (150g)
投入口に入る大きさに切り、リンゴは種を取り除きます。
スロージューサーレシピ

 

ニンジンとリンゴを交互に入れていきます。
スロージューサーレシピ

 

ニンジン、リンゴジュースの出来上がり!。 (今回できた量は300CC)
この組み合わせってとても美味しいです。( ´∀`)/
お好みでそれぞれの量を調整してみてください。 あと、レモン汁を垂らしたり、オリーブオイルを少し加えると吸収しやすくなります。
スロージューサーレシピ

 

ニンジンを搾っていて一番ビックリするのが、排出される搾りカスの多さです。
でもこれも立派な栄養、食物繊維なので、ハンバーグやカレーに入れたりして利用しましょう。
我が家では、毎日ニンジンカスが出るので、使い切れない分は犬の餌に混ぜたり、畑に撒いたりしています。
スロージューサーレシピ

 

りんご キャベツの芯ジュースのレシピ

効果、効能、、、
消化促進、胃に働く

 

用意したもの、、
キャベツの芯 3枚分 
リンゴ  中 1/2個 

 

キャベツの芯には葉以上にビタミンCを多く含みますので、捨ててしまうのはもったいない。  リンゴと一緒にジュースにしましょう。
スロージューサーレシピ

 

キャベツ特有の成分、ビタミンUは別名キャベジン、、と言って、お腹のトラブルを解消してくれます。 お腹に優しい、、、そして、優しい味のジュースです
スロージューサーレシピ

 

最新モデルのおすすめスロージューサー

更に進化したヒューロムスロージューサー H-AA

世界で一番売れているヒューロムの2016年最新モデルです 
今なら乾燥スタンドをプレゼント(プレゼントは変更になることがあります。 H29.8.1現在)

 

↓なんと最新モデルのH-AAが、ジュースセットも、乾燥スタンドもついて、キャンペーンセール、やってます!!(8月31日、11:59まで)

 

コンパクト、可愛いデザインで格安価格のH15  H2Hとほぼ同等の性能

世界で一番売れているヒューロムの2016年最新モデルです 

 

食材丸ごと投入可能の、クビンスホールスロージューサー

2017年最新モデルです。

 

関連ページ

スロージューサーで作るいろんなレシピ
スロージューサーってコールドプレスジュースだけじゃない。 いろんな料理にも使えてしまう、、、そんなレシピ集です。